鹿児島県の企業と従業員が負担している健康保険料率は10.36% 

全てのブログ

鹿児島県の企業さんの多くが自社で健康保険組合を持つことなく、
全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入されているとお見受けしています。

協会けんぽの健康保険料率は、都道府県毎に毎年度3月に見直しがあり
次年度の分が決定されています。
鹿児島県の社会保険料率は10.36%に決定されました。

大きく見て、東より西が高い傾向にありますが
鹿児島県は前年より上がり、佐賀10.68%、北海道10.45%に次いでの高さとなり、
三番目に高い保険料率となりました。
ちなみに低いのは、新潟9.50%、富山9.59%、福島9.64%です。

これは何を意味するかというと同じ月額であっても
位置している都道府県で、企業と従業員さんが折半で毎月支払う健康保険料の額が
違っているということです。

具体的に言うと月額25万円の時、一人当たり新潟では22,800円(会社支払い分11400円、本人支払い分11400円)
佐賀では25632円(会社支払い分12816円、本人支払い分12816円)となり、
年額で比べると新潟の会社の支払い分は136,800円、本人支払い分も同額。
佐賀の会社の支払い分は153,792円、本人支払い分も同額となります。
新潟と佐賀の会社での支払い額の差額は、16,992円です。

例えば50人の企業においては、佐賀の会社は、新潟の会社に比べて849,600円も多く支払うことになっています。
これが健康保険料率10.68%と9.5%の違いだということです。
ちなみに鹿児島の会社は、新潟の会社より619,200円多く支払うことになっています。

業績が同じだとしても、会社の手元に残るお金に違いが生まれるということです。

健康経営の実践と浸透で、